教会で行うキリスト教式

厳かな雰囲気が美しいキリスト教式

結婚式にはキリスト教式、神前式、人前式、仏前式の大きく4つに分けられており、中でも人気が高いのがキリスト教式です。信者でない人は結婚式場のチャペルやホテルなどで結婚式を行います。讃美歌を歌い牧師や神父が司式者となって式を行います。指輪交換や誓いのキス、結婚の誓いの言葉などの厳かで美しい式の流れは誰もが憧れます。キリスト教式では讃美歌をゴスペルで行ったり、演奏が生演奏だったりと、新郎新婦だけでなく参列者も感動するような心が震える演出が多く、会場によっても演出や会場の装飾などが異なる事も魅力的です。キリスト教式では純白のウェディングドレスとタキシードを着ます。この美しいシチュエーションに憧れる新郎新婦は多く人気です。

キリスト教式には宗派がある

キリスト教式といえば教会で行う結婚式でしょ!と思うのが一般的な人が思う事ですが、キリスト教式には宗派があり、カトリックとプロテスタントで分かれます。式の内容が大きく異なるということではありませんが、カトリックの場合、結婚した後離婚や再婚が許されていません。プロテスタント派は理由により再婚する事が可能となっています。またカトリックは両名か片方がカトリックの信者でなければ式が挙げられないというルールも存在しています。プロテスタントは相手がどの宗派でも良いとされています。実際日本は宗教が自由な国なので、厳正に従っている会場は少ないようです。カトリックは神父様、プロテスタントは牧師様と、わずかながらところどころに違いもあります。二人で相談して、選んだ結婚式場はカトリックなのか、プロテスタントなのか、調べてみるのも良いです。

少人数の列席者のみで、結婚式を安く、簡素にしたい場合は、公共施設が適しています。専門式場やホテルのような豪華さはないかもしれませんが、手ごろな費用で行えるのが特徴です。