少人数結婚式のメリット

招待客との距離が近くアットホームな雰囲気でおもてなしできる

少人数結婚式は、家族や親せき、親しい友人など限られた人のみを招いて行われることが多いです。多くても30人くらいまでにとどめて、式や披露宴を行うのが一般的であると言われています。招待客が少ないと、一人一人との距離も近く丁寧なおもてなしを行うことができます。招待客が多ければ多いほど、料理や演出などある程度の制約が必要なケースもあります。その点、参加者が新郎新婦と親しい間柄にある人たちのみの場合は、招待客の好みに合わせたおもてなしをすることも可能です。人数が少ない分、料理なども個別に対応することもできます。必要以上に気を遣うことなく、アットホームな雰囲気の中で親しい人たちと一緒に楽しい時間を過ごすことができます。

準備段階での負担が少ない

結婚式というと、当日に至るまでの準備が大変だというイメージを持っている人も多いです。招待客への招待状や、席の配置はどうするかなど、人数が多ければ多いほど負担が大きくなる傾向にあります。親族や友人など、ごく親しい間柄の人たちのみの場合、比較的席順も決めやすいです。手作りで色々と準備したいという人も増えていますが、少人数結婚式の場合は用意する量が少なくてすむので、その分手の込んだものを作ることもできます。基本的に結婚式の準備には長くて1年かかるということもありますが、少人数結婚式を選択した場合2~3ヵ月もあれば準備ができるという声も多くあがっています。お互いに忙しくて準備にあまり時間をかけられないというカップルにはおすすめのスタイルです。

結婚式が安い価格で納められる事に越したことはないです。大勢の人を呼べみんなで楽しむガーデンウエディングがお勧めです。