少人数結婚式のデメリット

自己負担が増える事を予め理解しておく事

少人数の結婚式のデメリットは、自己負担が増えてしまう事です。結婚式場は人数が多ければ多いほど割引がきく事が多く、少人数の場合は自己負担額が増えてしまう事が懸念されます。また、少人数でも盛り上げるために、外部から余興をしてくれる人や盛り上げてくれる人を招いた場合に、より多くの負担が増えてしまう恐れがあります。このようなデメリットを避けるためにも、結婚式場の見学に行った際は、金額などの見積もりを予め出してもらって、各会場の見積もりと比較しながら自分達にあった会場探しをすることがオススメです。また、手を抜いた印象を与えないためにも、レストランウェディングなどのカジュアルな場所で式を行い、費用を抑えるのも良いです。

会場がなかなか見つからない

少人数の結婚式のデメリットは会場がなかなか見つからないことです。一般的な結婚式場も少人数用に作られていない事が多く、最低限この人数は招待してほしいと断られてしまうケースも中にはあります。そのため、少人数での結婚式を考えている人は、まずは少人数の結婚式をプロデュースしている会社に相談してみるか、貸しホールなどで自分達でアイディアを出し合って結婚式を行うのも良いです。また、美しい自然の中で貸し切りの結婚式を行う方法も少人数からでも対応しています。人数制限を確認する事で、より多くの会場の選択肢が増えます。今はウェディング総合サイトにも収容人数最小数から最大数まで記載されているので、各会場に足を運ぶ前に確認してみるのも良いです。

結婚式を格安で抑えるためには、数万円単位になる司会を友人に依頼する事や、オプションを出来る限り使わない事が大切です。