日本の伝統的な神前式

神話が基となっている神前式は家と家を結ぶもの

日本には、和婚スタイルと呼ばれている神前式という伝統の婚儀があります。この儀式は、男神と女神の結婚について記されている神話が基になっており、実際に行われた結婚式としては明治33年の天皇の御婚儀が始まりとされている歴史あるものです。神社やホテルまたは結婚式場にある神殿にて行う厳かなものと言えるでしょう。教会で行われる洋式の結婚は新郎新婦の結びを誓いますが、神前式は夫婦となる2人だけでなく、両家同士が結びを交わします。 その証としてなのか、列席している全ての親族が御神酒を杯で飲み結束を固める儀が式中にあります。このように、神前式は新郎新婦を含む親族同士の繋がりを誓うものであるため、基本的には親類のみで執り行うものです。しかし、神社など式を挙げる場所によっては主役の友人に参列してもらうことを良しとしているところがあるため、招待したい知人がいる場合は関係各位揃ってきちんと話をしましょう。

神前式では和装に身を包む

日本で広く知られている結婚式にはウェディングドレスやタキシードなどの洋装を纏うタイプがありますが、神前式は日本伝統の式ということもあり、和装を身に付けます。新婦は最も格式が高いとされる白無垢を着用することが多いですが、その他に披露宴でもそのまま着用することができる儀式に相応しい服装があります。色打掛という華やかなタイプのものや引き振袖がそれにあたるため、白無垢以外のものを身に付けることを検討してみるのもありかもしれません。 また、新郎の場合は五つ紋付羽織袴という衣装の5か所に家紋が入っているものを身に付けることが多いです。新婦の白無垢同様に最も格式高い正装とされており、色は黒が多いですが白やグレーなどの色でも構いません。日本由来の結婚を行いたい人に、和装を身に着け普段よりも引き締まった思いで臨むことができる神前式はおすすめです。